事業紹介
1
通販事業
インターネットとカタログを使い、北海道の美味しさを全国へ。北海道の高品質な海産物を、9つのチャネルを接点にお客様にアプローチ。 インターネットとカタログを使い、北海道の美味しさを全国へ。北海道の高品質な海産物を、9つのチャネルを接点にお客様にアプローチ。

通販事業部

受賞履歴
産地と生産者の想いを伝え、北海道の価値を発信する。

 島の人のECサイトを運営する通販事業部は当社の創業事業の一つ。今から約16年前。当時、楽天市場を知っている人はどれくらいいたでしょうか。まだスマホもWi-Fiも無い時代。創業者が自宅でインターネットを使い、まだ始まったばかりの楽天市場に出店。礼文島の特産品である生ウニの販売を始めたのがこの通販事業の始まりです。
 誰もがネットショップで物が売れるなんて信じなかった時代。礼文島の生ウニを顔の見えないお客様に販売をすることは、挑戦の連続でした。そもそも生ウニをどこから仕入れるか。どうすればウニの品質を保ったままお客様にお届けできるのか。離島から全国各地に新鮮な生ウニを届けるために試行錯誤が続きました。当時の楽天市場は価格やポイント付与率によって大きく結果が変わる時代。しかし、礼文島の漁師さんが命をかけて獲っている生ウニを、安売りするわけにはいかない。そんな思いから、価格競争ではなく、あえて粒の大きいウニを選定したプレミアムタイプや、ギフト箱を整備するなど、付加価値をつける戦略で勝負。その結果、多くのお客様のご支持を得るお店に成長しました。
 2018年には楽天市場の海産物部門で「ショップ・オブ・ザ・エリア」を受賞。全国4万店舗の中でも選ばれたお店にしか選ばれない、栄えある賞を受賞。全部で9つのチャネルをお客様との接点に、北海道のまだ見ぬ逸品を、お客様にこれからも伝え続けます。

 通販事業の仕事は実際のお店と同じようにお客様に来店していただき、接客し、ご購入いただくこと。お客様の顔を見ることはできませんが、アクセスデータや購入履歴を見ながらお客様を想像し、ページの企画を考えて販売をしていきます。インターネットのお店に来店いただくと、どの検索ワードで来店されたのか。商品ページを何分見ていたのかがデータで見ることができます。
 特に、検索ワードはお客様が何を求めているかを探る重要なヒント。例えば「ウニ 北海道」と検索している方が多ければ、北海道産のウニを品揃えをする。「ウニ いくら」で検索しているお客様が多ければ、ウニのページにイクラの画像を追加し、追加購入できるようにする。データや数値から、お客様が何を求めているのかを想像し、ページのコンテンツ追加やバナーの設置を行うことが接客となり、お客様に購入していただけるようになります。
 また、世の中の動きやショッピングモール内で何が売れているのかを知ることも重要な仕事。ランキングで上位になっている商品には理由があり、お客様が求めているという証拠。レブニーズでは安売りはしませんが、旬の商品を価値付けして販売することで、お客様からご支持をいただくことができます。
 感度を高く保ち、マーケットの動きに敏感に反応すること。店長はマーケッターとしての能力と、スタッフを鼓舞し、お客様に北海道の良質な商品をお届けする使命感をもった働きが求められます。

働いている社員のインタビューをチェック!

mission-to-you
入社をしたらこんな仕事をしていただきます。

ランキング上位品を実際に購入し、売れている理由を調べてほしい。

売上が今の10倍になったときに必要なサービスを洗い出し、情報をとってほしい。

産地に往訪し、その魅力が伝わる写真を撮影し、ページに反映してほしい。

interview/社員インタビュー
谷田 峻

通販事業課、谷田が語る、
仕事の面白さ

 私たち直営事業部の仕事は、お客様の期待を上回る価値を作り出して提供する事。また、レブニーズの目指すべきところとマッチするお客様がいるマーケットをリサーチし、新たな商圏を取る事。
 店舗におけるというのはひとつのビジネスの運営者です。

 仕入れ・売り上げ管理・販売促進…課題をあげれば切りがないですが、どれだけ考え抜いて、スタッフに協力してもらい、良いお店を作れるか?というのが私たちの仕事です。

 また、北海道で弊社直営店のような食品を強くブランディングし、売りだしている店舗は非常に珍しく、このカテゴリーにおけるリーディングカンパニーを目指しています。

こんな人と一緒に働きたい!

 人が成長する時は、何かを代償に捧げなければなりません。それは時間であったり、友人と遊ぶ時間であったり。人と同じ時間に起きて、人と同じ時間に寝ていたら、人と同じ成長しかできません。それはどう考えても当たり前のことです。レブニーズには「普通がいや」「他の人と一緒がいや」という考え方の人がいるからこそ、多少何かを犠牲にすることを厭わないし、成長してビジネスマンとして自立することを何よりも優先に考えております。

 20代で伸びない人は30代でも伸びません。だから、今、役職という責任を持ちながら仕事のできる環境というのは、自分にとってはプラスのものでしかありません。

仕事で困ったこと、乗り越えたこと

 まだどうしても個々の力に頼ってしまうことが多い点。
 チーム化・仕組み化を完成させて、マネジメント・管理レベルの向上をしたく考えております。

高橋 瑞樹

通販事業課、高橋が語る、
仕事の面白さ

 入社後、礼文島研修が終わってから通販事業部に配属され3ヶ月目で楽天市場店の店長に。会社中でも一番売上が大きいチャネル、大きな責任が伴います。それと同時に、売上目標達成時は大きな喜びと達成感、コレは普通の会社じゃ味わえないはず。希望した人には大きなチャンスと責任が回ってきて、自分の力を存分に試せる。そんな普通の会社では、任されない仕事を任せてもらえ、圧倒的な成長のフィールドがある。そんな魅力に溢れている会社です。

 そして、全国9000万人のお客様を相手に販売をする楽天市場の店長は、お客様に商品の魅力を伝える仕事。ECはお客様の顔が見えない商売。お客様は何を求めているのか、ページはわかりやすいか、価格は適正なのか等、様々な想像を膨らませて案内をしています。その結果がダイレクトに毎日の売上やお客様の声として反応が返ってくることが楽しいですね。

こんな人と一緒に働きたい!

 楽天市場内において売上やレビュー評価などにおいて優秀な店舗に贈られる賞を受賞させていただきました。全国4万店舗のうち受賞できるのはわずか200店舗ほど、0.5%だけの大変貴重な賞を受賞いたしました。

 ECの店長になりたてのころは経験も知識もないし、売上の対策もままならない状態。お客様にも会社にも迷惑をかけ、正直会社に行きたくない、と思う日も何度もありました。しかし、その中でも、少しずつ自分の考えたことが認められ始め、売上アップもつながっていき、一度勢いがつくと、もう止まりませんでした。多少の浮き沈みはありましたが、常に成長し続けて、2018年ショップオブザイヤーを受賞することができました。
 お客様あっての賞でありますが、諦めずにやってきてよかったなと心から思えました。一緒に働いているメンバーにも感謝です。

仕事で困ったこと、乗り越えたこと

 最初に配属された通販事業部では、どのように案内をすればその商品の魅力を100%表現出来るか。通販は直接手に取ることが出来ないため、実際に目の前にそのものがあり、接客をしているかのようなコンテンツが必要です。積極的にショッピングモールの会合やビジネスセミナーに参加し仲間を増やし、情報収集を行ない、売るということを学んできました。
 ただし、教科書どおりに売れることは決してなく、立てた仮説が外れてしまうこともあります。そのときは再度基本に立ち返り、お客様がどんな商品を求めているのか。どうやって北海道の旬をお伝えすれば、お客様の気持ちをつかむことができるのか。この商品がお客様の手元に届くことでどんな食卓になるのか。それをイメージしてもらえるように、毎日試行錯誤を続けています。

ENTRY エントリー
レブニーズでは、北海道を本気で元気にしたいと考える方を、新卒・キャリアを問わず広く募集しています。レブニーズでは、北海道を本気で元気にしたいと考える方を、新卒・キャリアを問わず広く募集しています。
新卒採用 ENTRY リクナビ2021
中途採用 ENTRY 応募フォーム
お問い合わせ